×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

旅行業務取扱管理者って何?総合旅行業務管理って?

旅行業務取扱管理者の試験合格率

スポンサード リンク

旅行業務取扱管理者と言うのは、旅行の取引条件の説明などの業務の管理・監督を行う人ということです。旅行業務取扱管理者試験という国家試験に合格すれば、資格を取得することが出来ます。旅行業務取扱管理者試験にはふたつの種類があり、ひとつは総合旅行業務取扱管理者試験で、もうひとつは国内旅行業務取扱管理者試験です。就業先の事業内容や営業内容によっては、取り扱う旅行の種類が違うため、その営業内容に応じた合格者でなくてはなりません。交通機関の発達によって、外国に旅行で出向く人も増えましたので、こういった資格を持っていると大変便利ですし、就業にも有利ですね。この資格試験の合格率はかなり低く(旅行業務取扱管理者試験は30%弱、総合旅行業務管理者試験はなんと15%前後です。

お給料に旅行業務取扱管理者の資格は影響するか?

どういった業種でも、資格の有無は給料の昇級や査定の重要なポイントになるのではないでしょうか?旅行業務取扱管理者も同様です。旅行人口の増加に伴い、旅行ビジネスも盛り上がってきています。そういった中で、旅行業務取扱管理者の資格のある人は、即戦力を期待されますし、給与の査定に影響することでもわかるように、その分、集客力や、顧客サービスのアップに還元しなくてはいけません。旅行業務取扱管理者はプレッシャーのかかるポジションにはなってしまいますが、相当のニーズがありますので、ここはぜひ資格を取得して、スキルアップに挑戦してみるというのもいいかもしれません。いずれの種類の試験も、非常に厳しい合格率ですが、受験者の数も増えています。

旅行業務取扱管理者の資格を取得するには

旅行業務取扱管理者の資格取得のためには、国家試験に合格しなければなりませんが、その国家試験をパスするのは非常に難しく、試験の合格率の全体から見て15%から30%未満となっています。そのため、試験に臨むには、当然準備が重要です。旅行業務取扱管理者を目指す人々のために、専門学校もありますし、通信講座も解説されるなど、利用する人々も増え続けています。格安航空券の登場によって、海外旅行人口も増えていますが、総合旅行業務管理者の資格試験の合格率も低く、これを取得するためには大変努力が必要です。また専門学校での受講には、教育訓練給付金制度も適用されるので、仕事のスキルアップを考えている人にも、大変注目されています。